Mixx-ガジェットライフ| いろんな情報をミックス!

最新のニュース、スマートフォン、任天堂ゲーム、PC製品まとめサイト

*

iwata_pokemon

岩田聡氏の置き土産 ポケモンGOが世界を席巻 韓国も規制緩和へ

   

熱狂収まらぬ「ポケモンGO」旋風の中、規制のため配信できないとしていた韓国が規制緩和の対応を発表した。

韓国政府がきのうゲーム文化振興計画を発表した。
ゲーム専門人材を養成するマイスター高校を設立し、青少年は午前0時から6時まで無条件でゲームにアクセスできなくした現行の強制的シャットダウン制(シンデレラ法)を親の選択制に変える内容を含んでいる。これまで縛っていたゲーム産業に対する規制を緩和するということだ。文化体育部の金鍾徳(キム・ジョンドク)長官は「ポケモンGOが出てくる環境を作らなければならない」と話した。
【社説】ポケモンGO人気を受け「規制緩和する」と後手の対応する韓国政府 (中央日報日本語版) – Yahoo!ニュース

 

もともと、韓国はIT先進国として経済を進めてきていただけに、今回のポケモンGOに乗り遅れるわけにはいかなかったのだろう。

次は中国・・、といきたいが「ポケモンGO」はGPSを採用したグーグルマップを使用しており、Googleも中国から運営を排除されてるだけに韓国よりは壁が高いか。

 

さて、今回の日本は置いてけぼりになっている日本企業発の「ポケモンGO」現象だが、共同開発相手は元グーグルの社内起業から始まった「ナイアンティック」社で、同アプリも同社が運営、配信している。

ただの名義貸しともいわれ、任天堂にどれだけの利益が入るのか未だわからないため、各経済誌がこぞって予想。

共同開発の㈱ポケモン・ナイアンティックに加えグーグル・アップルへの30%の配信手数料があるため、各紙とも約20~30%ではとの予想が多い。(ただ開発やサーバー運営に人件費を取られないため営業費用はかなり節減できる。)

ただ、ポケモンと任天堂のブランド価値が株価のように高騰することは間違いない。

それを受けてかポケモングッズを出しているハピネットが7月19日にはS高をつけ後場すぎても値がつかないほど、ほかにもタカラトミーも高騰し、後場でS高となった。

ガンホーのパズドラやグリーのソシャゲなどは結局は国内だけのブームで終わったが、世界をこれだけ熱狂させたのは、やはり世界の任天堂だからであろう。

 

そして、このポケモンGOの下地を作ったのが故岩田元任天堂社長である。

亡くなる前、㈱ポケモンの役員と一緒にこのアプリの立ち上げに奔走していた。

彼は脳トレとWiifitの指揮も取っており、基本マリオやゼルダを作った宮本茂氏より、スマホアプリに向いていたのかもしれない。

熱狂ポケモンGO、岩田社長の遺志継いだ米企業:日経ビジネスオンライン

岩田聡氏がなくなってちょうど一年、「ゲーム人口の拡大」その彼のゲームへの思いは、未だ死なず、再び世界へと飛び立った。

その先にある次世代機NXも彼の置き土産である。

梅雨も明け、日本に台風「ポケモンGO」が来るのはまもなくか。

 

 

 

 

 - ニンテンドーライフ , , ,

Pick Up

Pick Up

  関連記事

XenobladeX
3月6日(金)22時より『XenobladeX』戦闘編放送
チンクル
ゼルダ無双の追加コンテンツに海外の嫌われ者のチンクル登場
ゼルダの伝説
任天堂「ゼルダの伝説最新作」WiiU版・NX版と同時発売決定
amiibo
2014年の任天堂アメリカの年末商戦 amiiboがヒット
岩田 任天堂
任天堂岩田社長インフルの疑いのため 第3四半期決算説明会の開催を延期
WiiU
WiiU生産終了に関する各報道比較
スーパーマリオ2
任天堂株式会社と株式会社ディー・エヌ・エーが業務・資本提携
Splatoon
Splatoon(スプラトゥーン)のパッケージ画像が初公開
monsterhunter
続編?リメイク?/未発表のモンスターハンター関連作で250万本目標
XenobladeX
2月6日(金)22時に『XenobladeX』世界観探索編放送決定