Mixx-ガジェットライフ| いろんな情報をミックス!

最新のニュース、スマートフォン、任天堂ゲーム、PC製品まとめサイト

*

スティーブ・ジョブズ

今更ながら「スティーブジョブズ(2013)」を観てみた

   

2013年に公開されたジョシュア・マイケル・スターン監督の「スティーブジョブズ」を今更ながら見ました。

このスターン監督の「スティーブジョブズ」は、ジョブズ信者からも評判が宜しくなかったようで、どこのレビューでもこき下ろされています。

ところが、今年日本で公開されたダニー監督の「スティーブジョブズ」(脚本も「ソーシャルネットワーク」のアーロン)も見た人たちのレビューはよろしくありません。

アーロン監督版にしろスターン監督版にしろ「俺のジョブズは違う!」という人が多い印象。

でもまだアーロン版の方が良かったという人が多いようです。

 

感想

映画「ソーシャルネットワーク」のザッカ―バーグと一緒でジョブズも凄く嫌な奴として描かれていました。

まあ一代でのし上がる人にいい人を見たことがないのでリアルですが、全体的にはアップル創立から、アップルから追い出されたジョブズが社へ戻るまでが、順に描かれるというストーリー展開。

一番印象的だったのは、アップルが起業した当時のガレージから大きなビルになったとこでしょうか。

若い人たちの青春群像みたいに見たので自分的には好きな部類でしたね。

 

 - 映画

Pick Up

Pick Up

  関連記事

関連記事はありませんでした