Mixx-ガジェットライフ| いろんな情報をミックス!

最新のニュース、スマートフォン、任天堂ゲーム、PC製品まとめサイト

*

ギャラクシーS6/S6エッジ

サムスンスマホが日本で売れるには?/サムスン 新型ギャラクシーからロゴを消す

   

以前より騒がれていたサムスンのスマホのギャラクシーが、新型から「SAMSUNG(サムスン)」の文字がなくなるという話題が、朝日新聞にも取り上げられた。

朝日では”苦戦の日本市場向け”となっているが、嫌韓も原因の一つであろうが元々サムスンブランド自体の評判も良くなかった。

>>>しかし中国でもサムスン嫌いが・・・
なぜサムスン製スマホは“嫌われ者”か=「使えば分かる」「韓…:レコードチャイナ

>>>だが米国ではサムスンが人気?
米国の顧客忠誠度に関する調査結果で、サムスンがアップルを抑えて首位に- Yahoo!ニュース

さらに、日本人は右へ倣えの性質も強く、周囲の5割以上がIphoneならば同じものをもつ。

今後、利用したいスマートフォンはありますか?
※複数回答/スマートフォンは使っていないと回答した人(n=476人)

今後、利用したいスマートフォンはありますか? ※複数回答/スマートフォンは使っていないと回答した人(n=476人)
スマートフォンに関する調査(2015年)。スマートフォンの利用者は59%に|リサーチバンク

が、韓国製=ダサい というイメージが強いのも事実。

これは嫌韓というわけではなく、アジア商品(国産除く)全般にいえる。

しかしだからといって、欧米の商品ばかり買うかというとそうでもなく、アジアよりも欧米がクールだと思っていても、なぜか家電や車は国産の方がいいという。

それは愛国精神とかではなく、普通に欧米の家電や車は大ざっぱという印象が強く、家電・車にいたっては、多分アジアと同じカテゴリーに入れられてるからだろう。

日本人が日本で国産を買うのは、プロダクト(製品)とサービスが日本人に合わせてあるからだ。

使う人のことを考えて満足するように作られた商品に日本人は手を伸ばす。

ただ、携帯電話は機能が山盛りになってしまい海外で通用せず、さらに高コストになってマイナス要因になった。

本来、世界で売るならがサムスンやアップルのように、どこの国に出してもコストがかからないような、プロダクト(製品)とサービスの組み合わせにしなければならないのだが。

日本人のおもてなし精神は商品にすると高くなるのだ。

おもてなし

しかしそれが日本人が国産を買う理由でもあり、はるか昔にメイドインジャパン旋風がおこった理由でもある。

もしサムスンがギャラクシーを日本に浸透させたいなら、ロゴを消すような表面的なものではなく、日本人を理解し日本だけしか売れなくもいいという商品を出すしかないだろう。

最近できた韓国料理はあちこちで閉店してるが、昔からあるロッテやパチンコ、焼肉屋はそれができたから無理ではないはず。

焼肉

 - スマートフォン

Pick Up

Pick Up

  関連記事

ガラケー
さらばガラケー 日本国内各社、17年以降生産中止
NTTドコモ「新料金プラン」の概要と内容《値下げ・データ通信料金》
ガラケーからスマホに買い替えたいと思ってる人は4割
XiとWiMAXの対応エリアが急速に拡大へ。4年で3000億円を投じる見込み。
ドコモ、「Xperia acro S0-02C」の予約受付を28日からスタート。なんとおサイフケータイ対応!発売日はいつ?!
【docomo】ドコモ2012夏モデルまとめ【全19機種】(Xperia GX SO-04D / SX SO-05D / GALAXY S Ⅲ SC-06D / F-09D ANTEPRIMA / ARROWS X F-10D / ARROWS Me F-11D / REGZA Phone T-02D / らくらくスマートフォン F-12D / ELUGA V P-06D / ELUGA Power P-07D / ELUGA Live P-08D / SH-06D NERV / AQUOS PHONE st SH-07D / ZETA SH-09D / AQUOS PHONE sv SH-10D / MEDIAS X N-07D / Optimus it L-05D / Optimus Vu L-06D / L-06D JOJO / キッズケータイ HW-01D)
サムスン電子、「GALAXY Note SC-05D」を発表。4月6日発売!(スペック・機能)
no image
KARA、ドコモ新スマートフォンのイメージキャラクターに決定
電池持ち悪い?Android&iPhoneの節電を極める6項目 (バッテリー長持ち)
アクオスフォン「104SH」のスペック・発売日・価格《国産初のAndroid4.0》