Mixx-ガジェットライフ| いろんな情報をミックス!

最新のニュース、スマートフォン、任天堂ゲーム、PC製品まとめサイト

*

WiiU

コンシューマー氷河期? 任天堂も国内年末商戦で大苦戦

      2015/01/10

スマホの普及のおかげでコンシューマーゲームが不調といわれていますが、数は正直です。
マスコミ各社、任天堂・ソニーと共にクリスマス商戦の不調を指摘しています。

任天堂の据え置き型ゲーム機「Wii U」の2014年10~12月の国内販売台数が20万台と、前年同期に比べて55%減ったことが8日わかった。ゲー ムソフトがそろわず、年間販売の半分が集中するクリスマス商戦で振るわなかった。主要市場である国内の不振で、15年3月期の販売計画が未達となる可能性 が出てきた。
携帯型ゲーム機「ニンテンドー3DS」の10~12月の国内販売台数は14%減の155万台、4~12月では32%減の246万台だった。任天堂「Wii U」不振、10~12月国内販売55%減  :日本経済新聞

U単体で見ると激減ですが携帯機を合わせたトータルだとSonyよりはいいようです。

総販売本数は151.7万本。前週比79.45%。総販売本数が200万本を超えるなど好調だった前年同週(2013年12月23日~12月29日)と比較すると、ソフト販売本数は約58万本のマイナス(前年比72.42%)となった。また、2012年以前(2012年同週170.1万本・2011年同週162.1万本)と比較しても減少しており、クリスマスを含んだ年末週としては盛り上がりに欠ける結果となった。中でも、年末商戦期の販売の核となるような大型タイトルが少なかったPS4・Vitaは旧機種の減少分を補えず、PSフォーマットは前年比41.30%・前々年比59.56%と大幅に前年実績を割り込む結果となった。今週のランキング | メディアクリエイト

SONYご満悦の、海外では爆発的な人気のPS4(VITAは絶不調ですが)と対照的な国内年末商戦でした。

任天堂も頭を抱えているWiiUは国内外ともに厳しい商売になっており、発売から約4年経った3DSもペースが落ちています。
窮地に立たされた任天堂が今年はどういった方針でいくのか楽しみです。

 

WiiUに関する動画ギャラリー

[tubepress mode=”tag” tagValue=”ゲーム + WiiU ” resultCountCap=”6″ orderBy=”newest” playerLocation=”shadowbox”]

 - ニンテンドーライフ

Pick Up

Pick Up

  関連記事

任天堂ソフト
任天堂 新体制後初の中間決算 営業利益が89億円の黒字
Nintendo Direct 2015.1.14
ニンテンドーダイレクトが14日23時より放送!岩田社長が直接紹介する「Nintendo Direct 2015.1.14」
ニンテンドーswitch
ニンテンドースイッチはいま買うべき? Business Insiderが今買うべき6つの理由を投稿
ファミコン
switchバカ売れ ファミコンから始まった任天堂の復活力
スーパーマリオ2
任天堂株式会社と株式会社ディー・エヌ・エーが業務・資本提携
スーパーマリオ2
任天堂 スマホ向けなどを3DSに作り直し割安ソフトとして投入
モンスターストライク
ミクシー モンスターストライク3DS版発表 
monsterhunter
続編?リメイク?/未発表のモンスターハンター関連作で250万本目標
Splatoon
Splatoon(スプラトゥーン)のパッケージ画像が初公開
XenobladeX
WiiUクロとソフト同梱のゼノブレイドクロスセットが発売決定!