Mixx-ガジェットライフ| いろんな情報をミックス!

最新のニュース、スマートフォン、任天堂ゲーム、PC製品まとめサイト

*

未来の自然エネルギーになる?!温泉熱で発電するバイナリー発電所が稼働開始【長崎雲仙】

   

url-1

長崎県雲仙市の小浜温泉で、温泉の湯を使う「バイナリー発電」の施設が稼働を始めた。湯は発電後、浴用に使えるため、源泉が無駄にならない。地元の旅館などが主体となった先駆的な取り組みだ。 一石二鳥の取り組みについてまとめました。


・・

 

 

長崎県雲仙市の小浜温泉

環境省から約2億2千万円の補助を受けて整備

施設は、温泉旅館や長崎大学などでつくる「小浜温泉エネルギー」が、環境省から約2億2千万円の補助を受けて整備した。

 

神戸製鋼、長崎県雲仙市小浜温泉にバイナリー発電システムを納入

神戸製鋼、長崎県雲仙市小浜温泉にバイナリー発電システムを納入

  • 水では発電が難しい低温度の地熱でも発電
  • 同じ熱源 (今回は温泉) でも、従来の水を沸騰させた蒸気で発電するよりも効率よく発電できる。
  • 環境に優しい発電方法
  • 国内でも屈指の資源量
  • 小浜温泉はそのマグマの位置に最も近く、温度は最高一〇五℃、湧出量は一万五千トン/日と国内でも屈指の資源量を誇っている。
  • 近くの3つの源泉から発電所に湯を集め電気をつくり、約300メートル離れた雲仙市の施設に送電
  • 実は『湯余り』、有効活用策

 

7割以上が入浴に使われないため、有効な利用法として着目された。

  • 使用電力の5~7割を賄う
  • 島原半島全体を自然エネルギーでまかなう展望も 
  • かつては温泉熱利用による製塩をしていた

小浜温泉ではかつて、太平洋戦争の始まった昭和十六年頃から温泉熱利用による製塩が始まり徐々に拡大したが、昭和四十年までにはすべて廃止された。

 

【関連リンク】

長崎県雲仙市の小浜温泉で7日、温泉の湯を活用する「バイナリー発電所」の開所式があった。環境に優しい発電方法で、長崎大や温泉関係者、企業が協力して1年間実験する。安定稼働に必要な湯量や採算性を検証し…


・・

 

 - まとめ, ニュース, 特集

Pick Up

Pick Up

  関連記事

日本で一番ネットが速いのは「茨城・下妻」、世界でも第3位に……【平均最高接続速度都市別ランキング】
優秀な若者が“島根の孤島”に集まっている理由
no image
報道ステーションが安藤美姫の出産をスクープ出来た裏事情
今度はベトナム船が沈没。日本をはじめアジア地域では違法操業が多発。中国漁船がアジアで暴れまわる
冬場にタッチしても無反応になるスマホの対処法
ネカフェ規制の動向、個室が禁止?一体なぜ?
実家暮らしなのにお金がたまらない人の特徴
あなたは大丈夫?『ソーシャルネット疲れ』
苦しむ前にチェックしておきたい、風邪に有効な14の対策
石原都知事があんなに尖閣諸島にこだわるワケ