Mixx-ガジェットライフ| いろんな情報をミックス!

最新のニュース、スマートフォン、任天堂ゲーム、PC製品まとめサイト

*

ホテル業界が不況の中「アパホテル」が儲かる理由

   

00855-26830-pc

アパホテルが思ったより凄かった!


・・

 

 

■深刻化する「ホテル離れ」

震災の影響などもあり、ホテル業界は最悪のペースで倒産件数が推移しています。

深刻化する「ホテル離れ」

 

業界ではここ数年、団体客や観光客の減少で、経営難に苦しんできた。

 

 

ホテル経営は“儲かりにくい?”

ホテル業はハイリスク・ハイリターンだと言われています。

  • 施設建設に多額の投資が必要

ホテルにも様々な業態があるが、いずれも数億円以上の初期投資をして、それを何十年もかけて回収しなくてはならない。

  • クリ-ニング代、新聞代、備品の補充代、部屋の水道光熱費などの変動費がかかる
  • 質の高いサービスの提供には高い人件費がかかる

 

基本的には利益が薄いビジネス

 

しかし・・・一人勝ちしているホテルがあった

その名も「アパホテル」

その名も「アパホテル」

新都市型ホテル事業や総合リゾートを展開しているアパホテル。

  • 連結売上高1000億円以上(2008年には過去最高の売上高を達成。)
  • 創業以来40年以上にわたって黒字経営という安定成長を続けている(1971年に石川県で創業したアパホテル。当時は住環境メーカー)
  • これまでの40年間、一度の赤字も出さず、一人のリストラも行なっていない。

 

儲かりにくい”の常識を覆したアパホテル

  • 客室稼働率が90%~100%

シティホテルの客室稼働率は80%以上を超えていれば合格点と言われる。

東京都心部では95%以上あるらしい。

  • アパ会員は490万人以上おり、リピーター率は80%前後

ホテルのメインユーザーは会員であり、大半がビジネスユース。

 

奇抜な発想で黒字転換

会議室を壊して巨大浴場に改装

西武グループが所有していた「幕張プリンス」を買収すると、会議室を壊して巨大浴場に改装している。

これにより客数がアップ。末期のプリンスホテルは稼働率40%台だったらしい。

現在は100%近くある。

 

大塚製薬とコラボし、プールの底に『ポカリスエット』のロゴをペイント

プール単体の収支が厳しいため、コラボレート企画によって収益性を高めている。

 

 

さりげなく効率化も行なっている

  • 布団とカバーを一体化

ベッドメイク習得期間や、手間も削減できる。

  • タオルは連泊の場合、申し出がなければ交換しない

無駄なリネン代や人件費も削減される。

 

 

サービスの底上げで利用客を呼び込む

  • 独自のポイントサービスを導入

アパは会員のポイントが現金に換えられ、還元率が他のビジネスホテルよりも高い。

  • 有料であるCS放送をすべて無料にする

これにより宿泊におけるリピーター率が急増。

  • 全室にインターネット回線を導入 

今や常識となったネットサービスも、アパが始めたと言っても過言ではない。

  • 海外の旅行サイトとの連携を強化

外国人観光客の需要を狙い、連携を強化を行なっている。

 

イメージ戦略を展開し、ブランド力を上げる

アパ社長カレー

 

アパ社長カレー

  • 社長自ら「広告塔」となり、パッケージに顔写真をあしらう 
  • 自らのディナーショーを開催 
  • 定期的にイベントを開催し、知名度アップを図っている。

関連リンク


・・

 

 - まとめ, 企業

Pick Up

Pick Up

  関連記事

北海道時計台
振り返る北海道の倒産ニュース/ブームが終わるということ 北海道村の場合
no image
【風水】金運を上げる!家の中で綺麗にしておきたい6箇所 (トイレ/キッチン/玄関/財布/寝室/床)
no image
脱サラから一転…紅白歌合戦に出場決定した「福田こうへい」て誰?【南部蝉しぐれ】
no image
【2013年上半期】芸能人の結婚・離婚・熱愛・破局まとめ
no image
名刺管理が捗る!たまった名刺をアプリで整理、管理する5つの方法(代行•出張スキャンサービス)
no image
【日本のカジノ解禁?】どうなるカジノ設置先?賛成派、否定派の意見(お台場、長崎、夢洲(ゆめしま))
一流の社長から学ぶ成功する仕事術
no image
急死した米人気ドラマ「glee」の俳優コーリー・モンテース(31)の死因が明らかに。原因はヘロインとアルコールの過剰摂取…
中央道「笹子トンネル」が崩落したおそろしい原因
GREE
なにをやってもうまくいかないグリー(GREE) 有料タレントWEBマガジン「マガリー」サービス終了!