Mixx-ガジェットライフ| いろんな情報をミックス!

最新のニュース、スマートフォン、任天堂ゲーム、PC製品まとめサイト

*

食べても太らなくなる?世界初「肥満」の仕組みが解明

   


 

 

誰もが頭を悩ませるダイエット。そのダイエットに革命をもたらすかもしれない「肥満」の仕組みを世界で初めて東北大が解明。今回あきらかになったこととは?

・・

 

世界初「肥満」の仕組みが解明

東北大大学院の山田哲也准教授(糖尿病代謝学)の研究グループは4日、マウスの実験で肥満を引き起こす体内メカニズムを解明したと発表

山田准教授らは食べ物の糖分を取り込む肝臓に注目

  • 過食によって肝臓で糖代謝が高まると、肝臓から脳に神経シグナルが伝わり、褐色脂肪のカロリー消費を抑えることを発見
  • この仕組みが肥満を引き起こしているとみられる

 

山田准教授は「飢餓に備え、過剰摂取したカロリーを蓄積する仕組みが残っているのでは」と説明

  • 体に備わった栄養備蓄の仕組みが明らかになるのは世界初
  • メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)の予防や治療法の開発につながると期待
  • 今後の研究によっては、食事制限なしのダイエットも可能に
  • カロリー消費量と連動する肝臓の糖代謝の情報が脳に伝わらなければ、脂肪の燃焼が妨げられず肥満になりにくい
  • 肝臓の糖代謝の情報が脳に伝わらないようにして脂肪の燃焼を進める新薬が開発されれば、無理な食事制限をしなくても肥満が解消できる可能性がある

 

  • 肥満やメタボリック症候群の治療ではこれまで、カロリー摂取量を制限する食事療法が主流だったが、食欲との葛藤で挫折する人が多かった
  • 山田准教授は「肥満やメタボリック症候群の新たな治療法につながる発見」と話している

参考リンク

高カロリーの食事をすると、脳が基礎代謝を担う「褐色脂肪」の働きを低下させ、肥満を引き起こすことを、東北大大学院医学系研究科の山田哲也准教授らの研究グループがマウスの実験で解明した。メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)の予防や治療法の開発につながると期待される。論文は4日付米科学誌「セル・メタボリズム」に掲載された。 山田准教授は「飢餓に備え、過剰摂取したカロリーを蓄積する仕組みが残ってい…

 

東北大大学院の山田哲也准教授(糖尿病代謝学)の研究グループは4日、マウスの実験で肥満を引き起こす体内メカニズムを解明したと発表した。カロリー消費量と連動する肝臓…

 


・・

 

 - まとめ, ヘルスケア, 特集

Pick Up

Pick Up

  関連記事

苦しむ前にチェックしておきたい、風邪に有効な14の対策
東京都知事選に立候補を表明した細川護熙氏ってどんな人?(主な施策)
目の痙攣は要注意!!疲れ目に起こる病気まとめ
2011年入社式で目を引いた各企業のトップから新入社員への力強いメッセージ集
no image
【洋画】クリスマスに子供に見せたい!記憶に残る”サンタクロース映画”5選!
【SoftBank】ソフトバンク 2012夏新機種発表 (プラチナ電波・放射線測定機能・ヒューマンセントリックエンジン)
【保存版】ネットで必要なモノを安く手に入れる15つの方法
no image
消費税アップ前に知っておくべきこと。(ガソリン、住宅、自動車、家電)
奇怪な殺人事件に発展している尼崎コンクリ遺体事件
JT、廃止されるたばこ全23銘柄を発表 / 【キャスター/キャメル/ピース・ミディアム・ボックスなども廃止】