Mixx-ガジェットライフ| いろんな情報をミックス!

最新のニュース、スマートフォン、任天堂ゲーム、PC製品まとめサイト

*

食べても太らなくなる?世界初「肥満」の仕組みが解明

   


 

 

誰もが頭を悩ませるダイエット。そのダイエットに革命をもたらすかもしれない「肥満」の仕組みを世界で初めて東北大が解明。今回あきらかになったこととは?

・・

 

世界初「肥満」の仕組みが解明

東北大大学院の山田哲也准教授(糖尿病代謝学)の研究グループは4日、マウスの実験で肥満を引き起こす体内メカニズムを解明したと発表

山田准教授らは食べ物の糖分を取り込む肝臓に注目

  • 過食によって肝臓で糖代謝が高まると、肝臓から脳に神経シグナルが伝わり、褐色脂肪のカロリー消費を抑えることを発見
  • この仕組みが肥満を引き起こしているとみられる

 

山田准教授は「飢餓に備え、過剰摂取したカロリーを蓄積する仕組みが残っているのでは」と説明

  • 体に備わった栄養備蓄の仕組みが明らかになるのは世界初
  • メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)の予防や治療法の開発につながると期待
  • 今後の研究によっては、食事制限なしのダイエットも可能に
  • カロリー消費量と連動する肝臓の糖代謝の情報が脳に伝わらなければ、脂肪の燃焼が妨げられず肥満になりにくい
  • 肝臓の糖代謝の情報が脳に伝わらないようにして脂肪の燃焼を進める新薬が開発されれば、無理な食事制限をしなくても肥満が解消できる可能性がある

 

  • 肥満やメタボリック症候群の治療ではこれまで、カロリー摂取量を制限する食事療法が主流だったが、食欲との葛藤で挫折する人が多かった
  • 山田准教授は「肥満やメタボリック症候群の新たな治療法につながる発見」と話している

参考リンク

高カロリーの食事をすると、脳が基礎代謝を担う「褐色脂肪」の働きを低下させ、肥満を引き起こすことを、東北大大学院医学系研究科の山田哲也准教授らの研究グループがマウスの実験で解明した。メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)の予防や治療法の開発につながると期待される。論文は4日付米科学誌「セル・メタボリズム」に掲載された。 山田准教授は「飢餓に備え、過剰摂取したカロリーを蓄積する仕組みが残ってい…

 

東北大大学院の山田哲也准教授(糖尿病代謝学)の研究グループは4日、マウスの実験で肥満を引き起こす体内メカニズムを解明したと発表した。カロリー消費量と連動する肝臓…

 


・・

 

 - まとめ, ヘルスケア, 特集

Pick Up

Pick Up

  関連記事

中国の領海・領空侵入が過熱し緊張感高まる尖閣諸島周辺、安倍政府は武力警告の検討
プロの歯医者が本気で選んだ歯磨き粉 9選 (アパガードリナメル / チェックアップ / コンクール / MIペースト / バトラー / GUM / ルシェロペースト / コンクールF )
【WEB / ライフハック / インテリア】三大人気カテゴリの至高のまとめだけをまとめる【レベルの高い写真の撮り方 / 商品撮影プロのテクニック / 無料で使える英語学習サイト12選 / Googleの裏技】
no image
薬で身長を伸ばす時代が来るかも?!乗り物酔い止め薬に骨を伸ばす効果が発見される!!「メクロジン」って何?
窪塚洋介
結局中森明菜って紅白にでる?12/26の芸スポ気になるニュースまとめ
日本のサラリーマンの絶望と希望を見つめる記事まとめ
no image
宮崎駿作品初の続編か!?庵野秀明による「ナウシカ2」構想
今度はベトナム船が沈没。日本をはじめアジア地域では違法操業が多発。中国漁船がアジアで暴れまわる
【マジ助かった!】キャンプ・バーベキューに持っていくと意外に便利なもの
震災のときに用意したほうがいいもの40のまとめ