Mixx-ガジェットライフ| いろんな情報をミックス!

最新のニュース、スマートフォン、任天堂ゲーム、PC製品まとめサイト

*

表やグラフが「見やすいね」と言われるExcelの小ワザ

   

 

 

Excelで資料を作るときに、テンプレートの設定を使っていましたが、「なんか見にくいよね」と上司に言われてしまいました。自分ではなんとも思っていなかったのですが、人に見せる時は一工夫あったほうがいいんですね。そこでExcelデータを見やすくする小技をまとめてみました。だいぶわかりやすくなりますね。

・・

 

表データをパッと見てわかるようにする

1行おきに色をつける

1行おきに色をつける

条件付き書式を利用して、1行おきに色をつける

  • 1.設定したいセルを範囲選択
  • 2.[書式]→[条件付き書式]をメニューから選択
  • 3.条件には数式を[=MOD(ROW(A1),2)=1]を入力し、書式のパターンから好みの色を選択

条件に合ったデータに色をつける

条件に合ったデータに色をつける

条件付き書式の設定で、条件を満たす数値を赤く目立たせる

  • 1.データを範囲選択し、メニューバーの「書式」→「条件付書式」を選択
  • 2.条件付き書式のダイアログボックスに「次の値より大きい」を選択、「30」と入力 
  • 3.「書式」を押して、「フォント」のタブの中で、「太字」と文字の色を赤に設定

増減が直感的にわかるデータ

増減が直感的にわかるデータ

データの増減を直感的にわかるように、条件式で記号を付ける

  • 1.新しいテーブルにデータをコピー
  • 2.データ部分を空にして、「=ROUND(C10,0) & ” ” & IF(C9<C10,”▲”, IF(C9=C10,”●”,”▼”))」を入力
  • ※C10は元のデータ、C9は比較するデータ、●▲▼は上げ下げ。
  • 3.次に、条件付き書式で、データのフォントの色を赤・青・緑に設定
  • 3.メニューより、「書式」→「条件付き書式」を選択
  • 4.「数式」を選択し、「=C9C10」は「赤」を選択

3つのポイントを押さえて、表やリストを見やすくする

3つのポイントを押さえて、表やリストを見やすくする

行間・列間・罫線の色を整えて、見やすい資料にする

  • 1.シート全体を範囲選択して行間を広げる。列の間は見やすい幅に感覚的に。
  • ※A4サイズでの印刷をする場合、文字の大きさは10ポイント、行間は15.00がおすすめのサイズです。
  • 2.罫線の設定を「40%灰色」にする
  • 3.ヘッダーは黒背景に白抜きの文字、タイトルは14ポイントに設定


きれいで見やすいグラフを作る

円グラフを見やすくする

円グラフを見やすくする

ドーナツ型でイメージが付きやすいデータを作る

  • 1.データを選択し、「グラフの種類」で「ドーナツ」を選択
  • 2.円グラフは「パーセント表示」に設定
  • 3.凡例をダブルクリック→位置で「下」を選択

ラベルに画像を使いわかりやすくする

ラベルに画像を使いわかりやすくする

直感的にわかるように、ラベルにテキストではなく画像を使う

  • 1.グラフを選択した状態で、メニューの「挿入」→「図」→「ファイルから」を選択
  • 2.配置する画像を選択し、「OK」ボタンをクリック
  • 3.配置した画像のサイズを調整する

 

単位が違うデータを一つのグラフにする

単位が違うデータを一つのグラフにする

同じグラフの中で分析ができて、見やすく設定する

  • 1.合計の棒グラフ上で「右クリック」ー「グラフの種類」を押す
  • 2.折れ線グラフを選んで、「OK」を押す
  • 3.合計グラフ上で「右クリック」→「データ系列の書式設定」→「軸」タブで「第2軸」に設定し「OK」

セル内に棒グラフのように配置する

セル内に棒グラフのように配置する

「|」記号と数式を使って、セル内に棒グラフのように配置する

  • 1.棒グラフを配置するセルを選択し、セルのデータに、「=REPT(“|”,C9/5)」を入力
  • ※C9は数字のセル、「|」は棒グラフの元。
  • 2.「メニュー」→「書式」→「条件付き書式」を選択
  • 2.「数式」を選択し、「=($C14>AVERAGE($C$8:$C$67))」を入力
  • 3.書式にフォントの色「赤」を選択し、「OK」ボタンをクリック


白黒印刷しても見やすいデータにする

白黒印刷でグラフをきれいに見せる

白黒印刷でグラフをきれいに見せる

白黒印刷に最適な設定にチェックして、塗りつぶしパターンを変える

  • 1.グラフ入りのドキュメントを作成したら、[ファイル]タブの[印刷]→[ページ設定]をクリック
  • 2.[シート]タブをクリックし、[白黒印刷]にチェックを入れて、[OK]をクリック
  • 3.作成したグラフのデータ要素の1つを右クリックして、[データ系列の書式設定]を選択
  • 4.[塗りつぶし]の[塗りつぶし(パターン)]を選択し、パターンを選ぶ。[前景色]を黒、[背景色]を白にしたら、[閉じる]
  • 5.[データ系列の書式設定]書式設定ダイアログボックスで、[系列のオプション]の[系列の重なり]を[離す]の方向にドラッグする

 

参考リンク


・・

 

 - まとめ, 特集

Pick Up

Pick Up

  関連記事

no image
【nendo】世界が尊敬する日本人デザイナー佐藤オオキとは?
no image
意外と知らない「脱税・申告漏れ」の怖さ
no image
悔しい位に逃亡の知識が優れてる高橋克也容疑者の行動 (最新画像)
「日本の富豪40人」を発表、ユニクロ会長が富豪日本一に【2012】(佐治信忠、孫正義、三木谷浩史、毒島邦雄、滝崎武光、田中良和、森章、高原慶一朗、韓昌祐)
ソフトバンク2012冬春モデル携帯スマートフォン新機種情報一覧表【AQUOS PHONE 104SH/ LUMIX PHONE 101P / 】価格・機能
もしも2020年オリンピックが日本に決まったら…
iPhone5を飛躍的に進化させる“5つの(技術・機能)”の噂【採用の可能性は?】
no image
【日本のカジノ解禁?】どうなるカジノ設置先?賛成派、否定派の意見(お台場、長崎、夢洲(ゆめしま))
絶対だめ!iPhoneを電子レンジでチンして充電できるデマ被害
ピーチの格安料金の裏にある節約とは?