Mixx-ガジェットライフ| いろんな情報をミックス!

最新のニュース、スマートフォン、任天堂ゲーム、PC製品まとめサイト

*

「新MacBook Proは事実上修理不可能」とiFixit

   

Retinaディスプレイ搭載の新MacBook Proは驚くべきマシンだ。スクリーンが美しいだけでなくコンピューティング・パワーもトップクラスだ。
だが、DYI修理の研究で有名なiFixitが先ほど公開した記事によると、修理は事実上不可能だという。 

  この記事でiFixitは新しいMacBook Proを完全に分解しているが、読者は自分のマシンで試さない方がよい。iFixitによれば「Retinaディスプレイ搭載のMacBook Proはこれまでにわれわれが分解調査した中でもっとも整備性に乏しいマシンだ」という。

MacBook ProはMacBook AirやiPadと同様、すべてのパーツが限界まで薄さを追求したカスタム・デザインだ。 バッテリーは筐体に接着されているし、RAMはロジックボードに直接ハンダ付けされている。SSDもカスタムで、さらに悪いのはディスプレイまわりが完全に一体化された一個のパーツになっていることだ。つまりこうした一体型パーツのどこかが故障したらパーツ全体を交換するしかない。

Macの修理ビジネスにとっては悪い知らせだ。新iPadもそうだったが、Appleは何かあれば製品を修理するのではなくそっくり交換するというデザイン方針を取っている。
今後Appleストアに故障したMacBookProが持ち込まれたら、多くの場合、ジーニアス諸君は修理ではなく全面交換えを選ぶのだろう。 分解修理のプロ中のプロであるiFixitでさえ94Whの巨大なバッテリーを筐体から取り外すことができなかった。

修理の問題は別として、iFixitはわれわれに新MacBook Pro内部のデザインの美しさを見せてくれた。
整然たる左右対称のデザインには驚嘆させられる。修理しようなどと考えずに美しさを鑑賞すべきなのだろう。

http://jp.techcrunch.com/archives/20120613ifixit-tears-down-the-macbook-pro-with-retina-display-deems-it-nearly-impossible-to-repair/

 - PC関連, ニュース ,

Pick Up

Pick Up

  関連記事

no image
消費税増税決定でこれからどうなるのか?家計への影響はどれくらい?
ハッカーに狙われやすいワーストパスワードが酷すぎる【2011年版】
刺す方が簡単…「吉祥寺強殺事件」で逮捕されたルーマニア人少年の残忍さ
松下金融相死亡により可決しそうな法案がヤバイ!【人権救済法案】
google-earth
Google 有償版「Google Earth Pro」を無償でダウンロード
Twitterで『福島レベル8への引き上げ』のデマ拡散中
被災居酒屋救ったiPadアプリ「ユビレジ」とは?
【飲み過ぎ危険!?】レッドブルの成分は大丈夫なのか?【成分】
【保存版】なでしこJAPAN決勝戦ベストシーン (各選手コメント/動画/写真)
ドコモ通信障害の理由がコロコロ変わった裏側【原因説明・今後の対応・批判】