Mixx-ガジェットライフ| いろんな情報をミックス!

最新のニュース、スマートフォン、任天堂ゲーム、PC製品まとめサイト

*

明日朝から始める!自宅でおいしい、ドリップコーヒーの淹れ方

   

朝、コーヒーを淹れる時間はとても大好きな時間。コーヒーが落ちる音を聞きながら、これから始める1日に思いを馳せてます。その結果おいしいコーヒーが淹れられれば一石二鳥。そんなおいしいコーヒーの入れ方をまとめました。

 

まずはいったん映像で見てみよう。

 

Pour-Over Brewing Technique

米国ではドリップのことを「Pour-over」と呼んでます。日本のハリオの器具を使った7分のレクチャー。

まず、コーヒー豆をフィルター・ドリッパーにセットする

 

▼用意するもの

1、サーバー:あたためてある。
2、ポット:湯量の調節がしやすい物がお薦め。
3、コーヒー:(分量:人数+1)。
4、ペーパー:乾いている。
5、ドリッパー:あたためてある。

用意するもの

 

http://www.cafe-kastner.com/homecafe/images/photo1.jpg

目安としては、中煎りで一杯分10g、2杯分18g、3杯分25gです。濃いコーヒーを好まれる方は多めに、新型ドリッパーを使われる方もやや多めにして下さい。

豆の量は淹れるコーヒーの量で可変しますが、淹れる時間は同じ。なので、小さなドリッパーにたくさんの豆を使っても、おいしいコーヒーをたくさん入れることはできません。

 

http://www.cafe-99.com/paper2.jpg

三角フィルターの場合、ペーパーは側面の圧着部分を互い違いに折り曲げます。

 

http://www.yanaka-coffeeten.com/image/about_drip/5.jpg

お湯の温度は豆によって違いますが、80℃、82℃という80℃台前半を提案するコーヒー豆店が多いです。100度に近いと、カフェインや嫌な苦みが強くなり、逆にぬるすぎるとタンニンによる嫌な渋みが出てきてしまいます。

 

いざ、抽出!の前に、まずふやかす、蒸らす

適温のお湯をできるだけたくさん粉に含ませ、表面から見て乾いているところがなくなるようにします。

そして、20〜30秒かけてふやかします。この段階でふわっと香りがかわり、甘い香りが出てきたら抽出開始の合図。

抽出は量にかかわらず3分勝負!

3分を目安に、抽出。ふやかしたあとの2回目のお湯は、内側から外側へ、外側から内側へという要領で、ペーパーに直接かけないように渦巻きを描くのがコツ。

もしコーヒーの粉が多い場合でも、抽出時間は同じなので、何倍分も淹れる場合は少し大胆にいきましょう。

イケてるサインは、均質の茶色い泡が表面に浮いている状態。これで適量まで抽出をすればできあがり。

 

できあがり、めしあがれ。

 

 


・・

 

 - LifeHack, まとめ, 特集

Pick Up

Pick Up

  関連記事

地デジ普及率95%はウソ!?地デジ調査のカラクリ
2011年入社式で目を引いた各企業のトップから新入社員への力強いメッセージ集
no image
消費税アップ前に知っておくべきこと。(ガソリン、住宅、自動車、家電)
もう扇風機じゃ耐えられない!エアコンの知られざる節電術の数々
池上彰さんがテレビ東京の選挙特番でやりたい放題だと話題に
注文殺到で生産が追いついていない「PM2・5対応マスク」
中古マンション市場が活発に! 新築マンションの多種多様な戦略
プロの歯医者が本気で選んだ歯磨き粉 9選 (アパガードリナメル / チェックアップ / コンクール / MIペースト / バトラー / GUM / ルシェロペースト / コンクールF )
【Twitter】世界でもっともフォローされてる10人 【2284万人】
優秀な若者が“島根の孤島”に集まっている理由