Mixx-ガジェットライフ| いろんな情報をミックス!

最新のニュース、スマートフォン、任天堂ゲーム、PC製品まとめサイト

*

明日朝から始める!自宅でおいしい、ドリップコーヒーの淹れ方

   

朝、コーヒーを淹れる時間はとても大好きな時間。コーヒーが落ちる音を聞きながら、これから始める1日に思いを馳せてます。その結果おいしいコーヒーが淹れられれば一石二鳥。そんなおいしいコーヒーの入れ方をまとめました。

 

まずはいったん映像で見てみよう。

 

Pour-Over Brewing Technique

米国ではドリップのことを「Pour-over」と呼んでます。日本のハリオの器具を使った7分のレクチャー。

まず、コーヒー豆をフィルター・ドリッパーにセットする

 

▼用意するもの

1、サーバー:あたためてある。
2、ポット:湯量の調節がしやすい物がお薦め。
3、コーヒー:(分量:人数+1)。
4、ペーパー:乾いている。
5、ドリッパー:あたためてある。

用意するもの

 

http://www.cafe-kastner.com/homecafe/images/photo1.jpg

目安としては、中煎りで一杯分10g、2杯分18g、3杯分25gです。濃いコーヒーを好まれる方は多めに、新型ドリッパーを使われる方もやや多めにして下さい。

豆の量は淹れるコーヒーの量で可変しますが、淹れる時間は同じ。なので、小さなドリッパーにたくさんの豆を使っても、おいしいコーヒーをたくさん入れることはできません。

 

http://www.cafe-99.com/paper2.jpg

三角フィルターの場合、ペーパーは側面の圧着部分を互い違いに折り曲げます。

 

http://www.yanaka-coffeeten.com/image/about_drip/5.jpg

お湯の温度は豆によって違いますが、80℃、82℃という80℃台前半を提案するコーヒー豆店が多いです。100度に近いと、カフェインや嫌な苦みが強くなり、逆にぬるすぎるとタンニンによる嫌な渋みが出てきてしまいます。

 

いざ、抽出!の前に、まずふやかす、蒸らす

適温のお湯をできるだけたくさん粉に含ませ、表面から見て乾いているところがなくなるようにします。

そして、20〜30秒かけてふやかします。この段階でふわっと香りがかわり、甘い香りが出てきたら抽出開始の合図。

抽出は量にかかわらず3分勝負!

3分を目安に、抽出。ふやかしたあとの2回目のお湯は、内側から外側へ、外側から内側へという要領で、ペーパーに直接かけないように渦巻きを描くのがコツ。

もしコーヒーの粉が多い場合でも、抽出時間は同じなので、何倍分も淹れる場合は少し大胆にいきましょう。

イケてるサインは、均質の茶色い泡が表面に浮いている状態。これで適量まで抽出をすればできあがり。

 

できあがり、めしあがれ。

 

 


・・

 

 - LifeHack, まとめ, 特集

Pick Up

Pick Up

  関連記事

大丈夫? エコポイントの交換期限 31日まで 『90億円分が未交換』
今度はベトナム船が沈没。日本をはじめアジア地域では違法操業が多発。中国漁船がアジアで暴れまわる
今年メーカーの予想の3倍を超えたヒット商品
no image
電話予約が殺到!海外の孤島より美しい!日本一美しい離島「青ヶ島」
no image
アトランティスは本当にあった!?日本の有人潜水調査船「しんかい6500」が大西洋で古代大陸の跡地を“発見”
no image
知らないと損!100株から始めるイオン株主。絶対得する6つの理由とは?
no image
Facebookで「いいね!」される写真って?撮り方&コツ(3分割法・アプリ・時間帯)
no image
「死ぬまでに行きたい!世界の絶景」が大ヒット!新人研修が作ったFacebookページがAmazon総合ランキング1位に?!
iPadが子どもに及ぼす好・悪影響
8年以内に大失業時代がやってくる!?