*

大物芸人の伝説的エピソード【ビートたけし / ダウンタウン / ナインティナイン / とんねるず / 明石家さんま】

公開日: : 最終更新日:2013/05/17 まとめ, 特集

スクリーンショット(2012-03-23-8.59.48)

ビートたけし、ダウンタウン、ナインティナイン、とんねるず、明石家さんま等、TVで見ない日はない大物芸人達の伝説的なエピソードをまとめていきます!どのエピソードも、その人達らしい逸話ばかりでおもしろいですw


 

 

*ビートたけし

フライデー襲撃事件

1986年(昭和61年)12月9日未明にビートたけしが、
仲間らとともに写真週刊誌「フライデー」の編集部を襲撃した。
たけしと当時交際していた女性に対し、「フライデー」記者が乱暴な行為をした事が襲撃の理由だった。

 

引っ越し祝いにたらいと洗濯板

たけし軍団の誰かが引っ越しをするときに、「引っ越し祝いは何がいい?」とたけしに聞かれて
「洗濯機が欲しいです!」と言ったら、後日引っ越し先にタライと洗濯板が届いた。
「これはたけしさんにやられたなw」と思いつつタライの裏を見たら百万円入った封筒が入っていて
「コレでいい洗濯機買え!」と手紙が入っていた。

 

 

*ダウンタウン・浜田雅功

東野狩り

東野がロケの休憩中、野原を歩いていたら、背中にチクッと痛みが走ったので、
「アレ?なんだ」と周りを見渡したところ、何もない。
すると、遠くのほうからヒャヒャヒャという笑い声が聞こえてきた。
よーく見ると、浜田がエアガンで東野を狙っていた。
これは浜田の趣味のひとつ、「東野狩り」という遊び。

 

マネージャーがインフルエンザで仕事にきた

マネージャーがインフルエンザを押して無理矢理仕事きたのに「休めばええのに・・・」と言った。
「いえ大丈夫です」とマネージャーが返したところ、
「あほ、お前の心配なんかしとらんわ。
松本に移って奥さんと子供に何かあったらどないすんねやって心配しとるねん」と言った。

 

*ダウンタウン・松本人志

30代前半で吉本を動かした

板尾創路が逮捕され、無期限の謹慎性分を受けた時に松本が抗議して何とか復帰した。
この頃の松本は30代前半だが、吉本を動かした。
復帰後「よっ!犯罪者!」と暖かい言葉で板尾を迎えた。

 

クッキーを焼いていて遅刻

大阪時代に生放送番組「4時ですよーだ」に大遅刻し、松本抜きで放送開始。
オープニングは浜田が「何やっとるんじゃー」と松本に呼びかけるシーンから始まった。
到着した松本は「クッキーを焼いていて遅刻した」と言い訳したが、
本当は寝ていたらしく、テレビをつけたら、浜田が自分を呼んでいる映像が映っていたらしい。

 

*ナインティナイン

岡村隆史と宮迫博之

雨上がり決死隊が全然売れてないときに、
笑わせるために体をガムテープでぐるぐる巻きにして宮迫家に岡村が訪問。
宮迫がドアを開けたら、「助けて~」と言いながらガムテープぐるぐる巻きで廊下に転がった。
それを見た宮迫は頭にきて
「お前はもう売れてるんだからこんな真似はするな、帰れ!」と言って、ドアを閉めた。
しかし部屋の窓から車の前で寂しそうにガムテープをはがしている岡村を見て、
宮迫は「何て事を言ってしまったんだ…」と後悔。
大急ぎで全裸に足ビレを履き、シュノーケルをつけて、「待て~」と岡村を追いかけた。
しかし、宮迫に気づかず岡村は車に乗って帰ってしまい、宮迫も寂しく家に帰った。

 

矢部浩之:知らず知らずに芸能人プロデュース

笑っていいとも!のものまね紅白歌合戦コーナーで、江頭2:50のものまねを披露。
このときに、江頭の使用しているBGMがわからずに布袋寅泰の「スリル」で登場した。
以降、江頭2:50登場BGMが「スリル」になった。
その他では、ASAYANでモーニング娘。の「。」を付けた。

 

*とんねるず

木梨憲武:生放送追悼特番が放送された

1991年に盲腸(虫垂炎)で入院。
後日のとんねるずのみなさんのおかげですで、木梨が死亡したとして生放送追悼特番が放送された。
木梨の大きな遺影とたくさんの菊の花をバックに、石橋と野崎昌一が悲しみをこらえていた。
その背後から、緑のジャージ姿の木梨が登場した。
放送終了後フジテレビには約800件もの抗議の電話が殺到した。

 

石橋貴明:ミッキーに暴行

「新春かくし芸大会」にゲスト出演したミッキーマウスに対して
「どうせ中におっさんが入っているんだろ」と発言。
頭をつかんで脱がそうとしているところで急遽CMに入った。
それが原因で「石橋が東京ディズニーランド出入り禁止」という都市伝説が生まれた。

 

*明石家さんま

日本航空123便墜落事故

数人のタレントも命を落とした1985年8月12日の日本航空123便墜落事故。
この123便にさんまも搭乗予定だった。
しかし、オレたちひょうきん族の撮影がキャンセルになって時間が余ったので、
1便早い飛行機に乗って移動した。

 

ファンからの千円札

明石屋さんまのファン(女性)が「さんまさんに届きますように」と想いを込めて
鉛筆で書いた千円札が、明石屋さんま本人の手元に届いた。

 

*タモリ

師・赤塚不二夫への弔辞

2008年に赤塚不二夫が死去した際に、タモリが弔辞を読み上げた。
この時、タモリは何も書かれていない紙を見ながら、その場で言葉を考えていた。
「赤塚先先生、本当にお世話になりました。ありがとうございました。
私もあなたの数多くの作品の一つです。合掌。」が締めくくりの言葉だった。
全文≫http://www.47news.jp/CN/200808/CN2008080701000680.html
動画≫http://www.youtube.com/watch?v=EEbcF__-jSo

 

明石家さんまの餅つき大会

さんまの自宅で開催された餅つき大会に、前髪を下ろし、サングラスではなく普通のメガネで参加。
来るや否やさんまの自宅のこたつに入り、ただ餅つきを静観していた。
さんまや大竹しのぶもその男がタモリと気付かず、
長男に至ってはタモリの目の前で「ねぇ、タモリどこにいるの?」と大声でさんまに尋ねた。
するとタモリは「(来るのは)もうすぐだよ」と言った。

 

*もっと知りたい人はこちら↓


Pick Up

関連記事

no image

なぜ池上彰はこんなにも選挙特番で「攻める事が出来る」のか

今年も始まる池上彰さんの「参院選ライブ」。どうしてこんなに毎回毎回、国会議員を「攻められる」

記事を読む

051ae256

【厚生年金基金廃止】加入してないから大丈夫ではない!これが影響を及ぼすものとは・・。

// // 厚生年金基金の実質破綻。これが影響を及ぼすものとは・・・。 &nb

記事を読む

url

経営者の成功の陰にはとてつもない「努力」があると思い知らされる話

経営者の成功の陰にはとてつもない「努力」があると思い知らされる話 // //

記事を読む

no image

【まとめ】遂に可決された秘密保護法案とは何か?なぜ必要になったのか?市民生活への影響は?

遂に可決された秘密保護法案。いまいちど整理してみました。 秘密保護法案とは何か?この法案は

記事を読む

20110929133428_744_

ソフトバンク2012冬春モデル携帯スマートフォン新機種情報一覧表【AQUOS PHONE 104SH/ LUMIX PHONE 101P / 】価格・機能

ソフトバンクの新機種携帯、スマートフォンが登場! // // 機種

記事を読む

mixi2

ミクシィが6割減益・・・過疎化を加速させた5つの原因

2012年2月3日、株式会社ミクシィ(mixi)は、4-12月期決算発表を行い、2年続けて最

記事を読む

no image

2013年夏!子供と一緒に観に行きたい夏休み映画♪10選

小さな子供から大きな子供まで、親子で楽しめる映画 // // 1.「モ

記事を読む

OSK201206240137

電波は使っちゃいけないんじゃないの?JALとANAが国際線機内でWi-Fi解禁!

JALとANAが相次いで、国際線機内でのWi-Fi解禁を発表。いつから使えるの?いくらで使え

記事を読む

img_583934_31162697_0

どうしてこうなった…コンビ格差のひどい芸人

コンビだけど、いつの間にか格差できちゃってる…ってあるよね。

記事を読む

excel2

表やグラフが「見やすいね」と言われるExcelの小ワザ

// //   Excelで資料を作るときに、テ

記事を読む

Pick Up

Pick Up

virus_check_01
YouTubeで新たなウィルス!11万人以上が感染!?

  YouTubeで新たなウィルス感染が報告されました

kbatterydoctor
近い将来「バッテリー切れ」がなくなる?スマホの充電が超進化する! (Powermat/StoreDot/cota)

今の充電の仕方が、近い将来だいぶ変わりそうなので、まとめました

82cbe5b5
ブラジルで日本のサポーターがゴミを持ち帰る?その行動に世界から賞賛の声

コートジボワール戦で日本サポーターが見せたある行動に賞賛の声が上がって

url
白鵬の「一夜明け会見」拒否の意外な理由

横綱白鵬が5月場所優勝での「一夜明け会見」を拒否した件で、批判がありま

a6fb5c30
今度はベトナム船が沈没。日本をはじめアジア地域では違法操業が多発。中国漁船がアジアで暴れまわる

以前よりあった中国漁船の密猟や衝突事故に関する問題が、最近とくに頻発し

→もっと見る

PAGE TOP ↑