Mixx-ガジェットライフ| いろんな情報をミックス!

最新のニュース、スマートフォン、任天堂ゲーム、PC製品まとめサイト

*

日本で一番ネットが速いのは「茨城・下妻」、世界でも第3位に……【平均最高接続速度都市別ランキング】

      2012/02/17

アカマイ・テクノロジーズは14日、2011年第3四半期版「インターネットの現状」レポートを発表した。平均最高接続速度ランキングでは、日本の7都市がトップ10にランクインした。

 

このレポートは、アカマイ独自のネットワーク「Akamai Intelligent Platform」から収集されたデータ(2011年7月1日~9月30日)を基にまとめられたもの。Akamai Intelligent Platformは、71ヵ国、約1,900のネットワーク(ISP)に展開する95,000台以上のサーバで構成され、1日の世界中のウェブトラフィックのうち最大30%を処理するという。

2011年第3四半期において、日本は、平均最高接続速度の世界都市別ランキングでは59都市が上位100都市にランクイン、平均接続速度ランキングでも57都市がランクインした。トップテンには、「茨城県下妻」55.4Mbps)の3位を筆頭に、神奈川・横浜・東海・浦和・丸の内・長野の計7都市がランクインしている。ちなみにそれ以外の3都市はすべて韓国だった。

平均最高接続速度の世界都市別ランキングでは、大多数(67都市)をアジアの都市が占有。国別での5Mbps以上の高速ブロードバンド接続の利用率については、1位韓国(79%)、3位香港(60%)、5位日本(57%)が世界ランキングの上位を占めている。2011年第3四半期で平均最高接続速度が30Mbpsを上回ったのは、4ヵ国のみで、1位が韓国(46.8Mbps)、2位香港(46Mbps)、3位ルーマニア(34.5Mbps)、4位日本(32.9Mbps)という結果となっている。なお、平均最高接続速度が20Mbpsを上回ったのは15ヵ国、10Mbpsを上回ったのは43ヵ国だった。

平均接続速度の世界都市別ランキングでも、上位100都市のうち、日本が57都市、オーストラリアおよび香港がそれぞれ1都市、韓国の6都市がランクインし、大多数(65都市)をアジアの都市が占めた。世界各国の平均接続速度ランキングでは、1位韓国(16.7Mbps)、2位香港(10.5Mbps)、3位日本(8.9Mbps)と、前四半期と同じく、アジア太平洋地域の3ヵ国がトップ3を占めた。

2011年第3四半期、アカマイのネットワークに接続するユニークIPv4アドレス数は、239ヵ国/地域で6億1,500万にのぼり、前四半期比で1.8%、前同期比で15%増加したとのこと。

 

平均最高接続速度都市別ランキング(上位10都市)
181323

 

平均接続速度都市別ランキング(上位10都市)
181325

 

世界各国の平均最高接続速度
181324

 

世界各国の平均接続速度
181327

 

インターネット普及率
181326

 - ニュース

Pick Up

Pick Up

  関連記事

遺族の思い届かず…京都亀岡暴走事故で少年に懲役5~8年の不定期刑、ネットで寄せられる今回の判決の量刑が軽すぎるとの大多数の意見
【ロンドン五輪予選 女子バスケ】マスコミが報道しない 韓国人選手のラフプレーが酷すぎる! あまりの酷さに解説も失笑
えっ!?
「おもちゃをプリーズ」 マクドナルドの店内でヘロインを販売した従業員のマン”ピー”容疑者
世界が注目する「2013年2月22日」
【これはひどい】中国がすでに商標権を登録しちゃってるモノ
no image
悔しい位に逃亡の知識が優れてる高橋克也容疑者の行動 (最新画像)
「自殺者4年間で2.5倍」就職失敗で生き急ぐ若者たちの現状
Apple、新しい「iPad」発表 ! 3月16日発売【発売日・機能・スペック・価格】
優秀な若者が“島根の孤島”に集まっている理由
過去数十年で最悪!イギリス・ロンドンの暴動の発端とまとめ。