Mixx-ガジェットライフ| いろんな情報をミックス!

最新のニュース、スマートフォン、任天堂ゲーム、PC製品まとめサイト

*

日本で一番ネットが速いのは「茨城・下妻」、世界でも第3位に……【平均最高接続速度都市別ランキング】

      2012/02/17

アカマイ・テクノロジーズは14日、2011年第3四半期版「インターネットの現状」レポートを発表した。平均最高接続速度ランキングでは、日本の7都市がトップ10にランクインした。

 

このレポートは、アカマイ独自のネットワーク「Akamai Intelligent Platform」から収集されたデータ(2011年7月1日~9月30日)を基にまとめられたもの。Akamai Intelligent Platformは、71ヵ国、約1,900のネットワーク(ISP)に展開する95,000台以上のサーバで構成され、1日の世界中のウェブトラフィックのうち最大30%を処理するという。

2011年第3四半期において、日本は、平均最高接続速度の世界都市別ランキングでは59都市が上位100都市にランクイン、平均接続速度ランキングでも57都市がランクインした。トップテンには、「茨城県下妻」55.4Mbps)の3位を筆頭に、神奈川・横浜・東海・浦和・丸の内・長野の計7都市がランクインしている。ちなみにそれ以外の3都市はすべて韓国だった。

平均最高接続速度の世界都市別ランキングでは、大多数(67都市)をアジアの都市が占有。国別での5Mbps以上の高速ブロードバンド接続の利用率については、1位韓国(79%)、3位香港(60%)、5位日本(57%)が世界ランキングの上位を占めている。2011年第3四半期で平均最高接続速度が30Mbpsを上回ったのは、4ヵ国のみで、1位が韓国(46.8Mbps)、2位香港(46Mbps)、3位ルーマニア(34.5Mbps)、4位日本(32.9Mbps)という結果となっている。なお、平均最高接続速度が20Mbpsを上回ったのは15ヵ国、10Mbpsを上回ったのは43ヵ国だった。

平均接続速度の世界都市別ランキングでも、上位100都市のうち、日本が57都市、オーストラリアおよび香港がそれぞれ1都市、韓国の6都市がランクインし、大多数(65都市)をアジアの都市が占めた。世界各国の平均接続速度ランキングでは、1位韓国(16.7Mbps)、2位香港(10.5Mbps)、3位日本(8.9Mbps)と、前四半期と同じく、アジア太平洋地域の3ヵ国がトップ3を占めた。

2011年第3四半期、アカマイのネットワークに接続するユニークIPv4アドレス数は、239ヵ国/地域で6億1,500万にのぼり、前四半期比で1.8%、前同期比で15%増加したとのこと。

 

平均最高接続速度都市別ランキング(上位10都市)
181323

 

平均接続速度都市別ランキング(上位10都市)
181325

 

世界各国の平均最高接続速度
181324

 

世界各国の平均接続速度
181327

 

インターネット普及率
181326

 - ニュース

Pick Up

Pick Up

  関連記事

新周波数『900メガヘルツ帯』ソフトバンクが獲得! 新たな周波数は障害物があっても届きやすい
今年の流行語?Googleトレンドに上がってる「ステマ」って何?
ソフトバンクの “プラチナバンド” 活用詳細、設備投資は3年で1.55兆円 サービス利用は2012年7月25日から開始。
一気に振り返る年末年始の要チェックニュース
芦田愛菜ちゃんTwitter登場?で心配する声(現在は閉鎖)
大手メディアが渡辺謙の脱原発スピーチを伏せていた
「自殺者4年間で2.5倍」就職失敗で生き急ぐ若者たちの現状
津波から1年かけカナダ沖に漂流した漁船「漁運丸」の姿
2013年4月から始まる値上げラッシュ!何が値上がりするのか?
東京メトロ副都心線の渋谷駅で人が刺される