Mixx-ガジェットライフ| いろんな情報をミックス!

最新のニュース、スマートフォン、任天堂ゲーム、PC製品まとめサイト

*

日本で一番ネットが速いのは「茨城・下妻」、世界でも第3位に……【平均最高接続速度都市別ランキング】

      2012/02/17

アカマイ・テクノロジーズは14日、2011年第3四半期版「インターネットの現状」レポートを発表した。平均最高接続速度ランキングでは、日本の7都市がトップ10にランクインした。

 

このレポートは、アカマイ独自のネットワーク「Akamai Intelligent Platform」から収集されたデータ(2011年7月1日~9月30日)を基にまとめられたもの。Akamai Intelligent Platformは、71ヵ国、約1,900のネットワーク(ISP)に展開する95,000台以上のサーバで構成され、1日の世界中のウェブトラフィックのうち最大30%を処理するという。

2011年第3四半期において、日本は、平均最高接続速度の世界都市別ランキングでは59都市が上位100都市にランクイン、平均接続速度ランキングでも57都市がランクインした。トップテンには、「茨城県下妻」55.4Mbps)の3位を筆頭に、神奈川・横浜・東海・浦和・丸の内・長野の計7都市がランクインしている。ちなみにそれ以外の3都市はすべて韓国だった。

平均最高接続速度の世界都市別ランキングでは、大多数(67都市)をアジアの都市が占有。国別での5Mbps以上の高速ブロードバンド接続の利用率については、1位韓国(79%)、3位香港(60%)、5位日本(57%)が世界ランキングの上位を占めている。2011年第3四半期で平均最高接続速度が30Mbpsを上回ったのは、4ヵ国のみで、1位が韓国(46.8Mbps)、2位香港(46Mbps)、3位ルーマニア(34.5Mbps)、4位日本(32.9Mbps)という結果となっている。なお、平均最高接続速度が20Mbpsを上回ったのは15ヵ国、10Mbpsを上回ったのは43ヵ国だった。

平均接続速度の世界都市別ランキングでも、上位100都市のうち、日本が57都市、オーストラリアおよび香港がそれぞれ1都市、韓国の6都市がランクインし、大多数(65都市)をアジアの都市が占めた。世界各国の平均接続速度ランキングでは、1位韓国(16.7Mbps)、2位香港(10.5Mbps)、3位日本(8.9Mbps)と、前四半期と同じく、アジア太平洋地域の3ヵ国がトップ3を占めた。

2011年第3四半期、アカマイのネットワークに接続するユニークIPv4アドレス数は、239ヵ国/地域で6億1,500万にのぼり、前四半期比で1.8%、前同期比で15%増加したとのこと。

 

平均最高接続速度都市別ランキング(上位10都市)
181323

 

平均接続速度都市別ランキング(上位10都市)
181325

 

世界各国の平均最高接続速度
181324

 

世界各国の平均接続速度
181327

 

インターネット普及率
181326

 - ニュース

Pick Up

Pick Up

  関連記事

2011年「ドリームジャンボ宝くじ」当せん番号決定
元マイクロソフト幹部が大胆発言 「パソコン時代は終わった」 未来はどうなるのか?
ジョブズ氏お悔やみの裏で扱いが小さくなったニュース・出来事( 福島原発・九州大学ヒ素紛失・小沢一郎の初公判・サムスンがiPhone4S差止め申請・東京の小学校のからセシウム)
中古マンション市場が活発に! 新築マンションの多種多様な戦略
絶対だめ!iPhoneを電子レンジでチンして充電できるデマ被害
2013年4月から始まる値上げラッシュ!何が値上がりするのか?
【経済】通貨スワップとは何か?民主党が韓国に5兆円の経済支援 日韓通貨スワップ協定 ウォン安・円高
マクドナルドでかっこいいコカコーラのグラスが貰えちゃう「Coke glassキャンペーン」 5/20から開始!
福島原発2号機の温度計は本当に壊れているの?
【2012年最新版】世界の大富豪ランキングTOP10 日本トップは柳井氏88位