Mixx-ガジェットライフ| いろんな情報をミックス!

最新のニュース、スマートフォン、任天堂ゲーム、PC製品まとめサイト

*

ソフトバンクが1兆円を投じる「本気の電波改善」、内容明らかに

   

携帯電話サービスの通信品質向上を目指し、2年間で1兆円を充てるとしていたソフトバンクの設備投資計画が7日、分かった。


 

平成25年度末までに、既存基地局の補強と合わせて4万局を新たに整備し、全国をカバーする基地局網を構築する。総務省が来年2月にも携帯電話事業者に割り当てる900メガヘルツ帯の周波数獲得を前提に、NTTドコモやKDDIと同等のネットワーク品質を目指す。既存基地局のうち立地などが良好な2万局を補強し、現在の2ギガヘルツ帯と1・5ギガヘルツ帯に加え、900メガヘルツ帯にも対応する。光ファイバーによる伝送路も敷設し、基地局の整備には「総額で1兆数千億円に達する可能性がある」(同社幹部)。

孫正義社長は「23、24年度の2年で1兆円を設備投資に使う」としていたが、基地局増強計画はそれを上回る規模だが、普及拡大には通信の品質向上が欠かせないと判断した。ソフトバンクは、電波の送信距離が短く障害物にも弱いため、首都圏の住宅地でも電波が届かなかったり、送受信速度が極端に遅いなど利用者の不満が多かった。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111108-00000530-san-bus_all

 - ニュース

Pick Up

Pick Up

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  関連記事

領土問題のドサクサに紛れて進んでいること
これが安全!?福島原発4号機の初公開された内部
中古マンション市場が活発に! 新築マンションの多種多様な戦略
意外と知られていない“選手村”の裏話
マスコミが角田被告の別人写真をつかってしまったワケ
NHKがついに暴走 ワンセグ・カーナビ・任天堂DSから受信料徴収へ
中国の領海・領空侵入が過熱し緊張感高まる尖閣諸島周辺、安倍政府は武力警告の検討
最年少上場社長誕生!株式会社「リブセンス」ってどんな会社?
まるで毒ガス弾?中国の深刻過ぎる大気汚染
茨城・つくば市の竜巻現場写真まとめ(写真/動画/被害状況)