Mixx-ガジェットライフ| いろんな情報をミックス!

最新のニュース、スマートフォン、任天堂ゲーム、PC製品まとめサイト

*

ノキア初のWindows Phone、Lumia 800 発表

   

Nokia World 2011 キーノートにて、ノキアが同社初の Windows Phone、Lumia 800 を発表しました。ノキアいわく、Lumia 800は「初めての本物の Windows Phone」。いきなり攻撃的なメッセージですが、Lumia 800 は今年はじめにマイクロソフトと提携を結んだことによって生まれた、

参照=http://japanese.engadget.com/

自前のMeeGo プラットフォームを捨て、Symbian を他所へ移管してまで作り上げた、同社のこれからを占う端末ですので、力が入るのも無理のない話です。もっとも、外見は MeeGo スマートフォン N9 ほぼそのまま。あるいは “Sea Ray” のコードネームで何度も流出してきたイメージほぼそのままです。

仕様を並べると、プロセッサは 1.4GHz Qualcomm MSM8255、ディスプレイは3.7インチ・800×480解像度のクリアブラック有機EL、カメラは F2.2 の明るいカール・ツァイスレンズ採用・8メガピクセル・720p動画対応でデュアルLEDフラッシュ付き、512MBメモリに16GBストレージを搭載します。ストレージといえば、MSのクラウドストレージ SkyDrive も25GBぶん、無料で利用できます。

バッテリー容量は1450mAh。N9 に搭載されていた NFC はなし。残念ながら前面カメラもありません。プラットフォームはもちろん最新の Windows Phone 7.5 “Mango“。ミーゴからマンゴへと覚えましょう。また、他の Windows Phone にはないノキア独自の試みとして、ナビサービス Nokia Drive や、地域に根付いたラジオサービス Nokia Music、スポーツ情報配信サービス Nokia Sports などもあわせて発表されています。

本体の話に戻ると、厚みはN9とまったく同じ……といってどれだけの方がイメージできるのか分かりませんが、数字で言うと12.1mm。重さは142g。ネットワークは4バンド UMTS / HSPA、4バンドGSM。米国や欧州では11月から発売予定です。ちなみに香港・インド・ロシア・シンガポール・台湾でも年内の発売予定ですが、日本については言及されていません。「2012年早々にはさらに多くの地域で登場予定」というプレスリリースの文面に期待しましょう。

なおノキアからはもうすこしコンパクトな Windows Phone、Lumia 710 が同時発表となったほか、地域によって CDMA モデルやLTE対応モデルを投入する計画も明らかにされています。ギャラリーに続き、PR動画、実機動画、プレスリリースを掲載しています。

 - スマートフォン ,

Pick Up

Pick Up

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  関連記事

iOS5登場間近!新機能総まとめ!
懐かしい携帯電話集 (N503iって、なんであんなに人気があったの?)
世界で300万台販売 「GALAXY S II」人気の理由
XiとWiMAXの対応エリアが急速に拡大へ。4年で3000億円を投じる見込み。
no image
【無料】Androidユーザーが絶対入れておくべき神アプリ33選!!【ホーム・カメラ・キーボード・メール・電話帳・音楽・Twitter】
BNDeNA
バンダイナムコ DeNAと作った会社「BNDeNA」を解散
iPhoneの動きがおかしくなったら…試してみる6つの方法
【2012年】今週の携帯電話ランキング(集計期間:1月16日~1月22日)
7月もソフトバンクが純増No.1!! GALAXY&Xperiaでも牙城は崩せず。
NTTドコモ SO-02C (Sony Ericsson Xperia Acro) 7月9日(土)発売【スペック】