Mixx-ガジェットライフ| いろんな情報をミックス!

最新のニュース、スマートフォン、任天堂ゲーム、PC製品まとめサイト

*

放射能汚染の土壌を植物の力が癒す!『ナタネ』を福島県にも導入か?

   

未だに収まりそうにない原発問題。

放射能汚染の被害状況は最終的な予測すら把握されておらず、管首相はついに静岡県にある浜岡原発に停止を要請し、国民からも世界からも今最も注目を受けています。

そんな中放射能汚染をされた土壌を植物の力「ナタネ」で改善しようという動きが日本の民間団体の主導で始まったものだそうです。

このプロジェクトは元々1986年のチェルノブイリ原発事故の際に高濃度汚染地の北部ナロジチで日本の民間団体主導の元に始まった運動なんだそうです。

ナタネにはカリウムやカルシウムと性質が似ている放射性セシウムやストロンチウムを根が吸収茎などに蓄えられる性質があり収穫されるナタネ油には放射性物質が含まれないため、ディーゼル燃料に加工し茎や根からはバイオガスを作り出す事が可能なんだそうです

そのナタネを使った土壌改良プロジェクトがなんと福島県でも導入を検討されている見通し。

(計画的避難区域に指定された福島県飯舘村など)

早ければ5月にヒマワリ、秋にはナタネを植える予定で今後の本格的な土壌改良に向け、ヒマワリやナタネの栽培の有効性も確認しているとの事。

 

自然災害によって起こされた人災。

それを自然の力によって浄化することが出来るならこれに越した事はないです。

日本がまた違う分野で世界の見本になるチャンスですね。

 

参照

毎日jp ウクライナ:チェルノブイリ周辺農地、ナタネで土壌改良 放射性物質吸収

 - ニュース

Pick Up

Pick Up

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  関連記事

正月ボケで見落しがちになってた注目ニュース
過去数十年で最悪!イギリス・ロンドンの暴動の発端とまとめ。
現役大学生7000人に聞いた人気就職ランキング(2012年)の調査結果
トヨタ「86」の気になる価格とグレードがに遂に発表!【発売日・性能・価格・反応】
大手メディアが渡辺謙の脱原発スピーチを伏せていた
no image
終電がなくなる!?24時間運行構想で大きく変わりそうな都内の交通網
意外と知らない消費税の増税前に知っているとオトクなこと
米アップルのスティーブ・ジョブズ会長、5日に56歳で死去 
【労災認定】森美菜さんが労災自殺として認定。和民のブラック企業伝説
怖すぎる絵本「地獄」がなぜかバカ売れしている理由