Mixx-ガジェットライフ| いろんな情報をミックス!

最新のニュース、スマートフォン、任天堂ゲーム、PC製品まとめサイト

*

「Adobe CS5.5」発表!気になるアップグレードの詳細は?! 月5000円でPhotoshopが使える月額モデルも導入

   

アドビシステムズ株式会社は11日、グラフィックデザインや動画作成、ウェブ開発などのソフトウェア製品の最新シリーズ「Creative Suite 5.5(CS5.5)」を発表した。発売日は5月20日で、4月11日からアドビストアなどで製品の予約受付を開始。

新たな購入方法として月額料金モデルの「サブスクリプション」の導入を発表。

契約期間中であれば常に最新版が利用でき、必要に応じて使用の中止や再開ができるようになる。また、今後は製品のメジャーアップデートの間隔を24カ月とし、期間内に中間リリースを行うとしている。

サブスクリプションの料金は

「Photoshop」が月額5000円

「Illustrator」が月額4000円


複数の製品が含まれるスイート製品では、ウェブデザイン/アプリケーション開発向けの

「CS Web Premium」が月額1万1000円


すべての製品が含まれる

「CS Master Colection」が月額1万9000円など(いずれも1年契約の年間プランの場合)

 

「買い切り」に比べると、

(1)契約期間中は常に最新版を利用できる

(2)特定の製品を必要な期間だけ利用できる

(3)固定資産ではなく経費扱いで導入できる、といったメリットがありますね。


月額課金表

参照 http://www.itmedia.co.jp/news/


Web制作ソフト「Dreamweaver CS5.5」はjQueryに対応し、HTML5とCSS3によるWeb制作ワークフローをサポート。jQuery Mobileにも対応し、スマートフォン/タブレット端末に向いたWebサイトを効率的に制作できる。


Photoshopは無償の「5.1」アップデータの配布となるが、タブレットをPhotoshopの外部コントローラとして利用可能になるアプリを開発できるSDKを配布する。同社はiPad向けにアプリ3つを開発。iPad上で色を混ぜるなどして作り、Photoshopに戻すアプリ「Clolor Lava」などをApp Storeで公開する。


Flash作成ソフトの「Flash Professional CS5.5」では、スマートフォンなど異なる画面サイズに合わせたコンテンツのスケーリング機能が追加。


DTPソフトの「InDesign CS5.5」では、EPUB3形式の電子書籍制作に対応する。


今回アップグレードしたソフトは

 

詳しい製品構成や価格はアドビ システムズの購入ガイドを参照。

 

今回のCS5.5の目玉は

(1)HTML5/CSS3の本格的なサポート

(2)スマートフォンを中心とするマルチスクリーン環境への対応

(3)電子書籍/電子雑誌の制作を強化


と今最も力を入れて欲しい所をしっかり強化されていると思います。

月額で契約というのも各企業がどういった行動を起こしていくか楽しみですね!

 - PC関連

Pick Up

Pick Up

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  関連記事

no image
ドコモ(docomo)2013年夏モデル発表。目玉は、iPhone対抗「ツートップ価格戦略」
Windows 10
驚きのWindows 10へ無償アップグレード 対象はWindows 7以降
7型・330g の Android タブレット edenTab、2万9800円
【噂】次世代iPod nanoにはカメラ搭載?!試作品の画像が流出!
新しいiPadはSiri非搭載!その他知っておくべき10の注意点
最新型MacBook AirはOS X LionとThunderboltを搭載?!
MacBook
薄さなんと13.1mm!ゴールドとスペースグレーの3色 新MacBook発表
google-earth
Google 有償版「Google Earth Pro」を無償でダウンロード
意外と知らないAmazonの雑学・豆知識
ねこだにゃ
ネコがセキュリティ状況を知らせる!無料「猫セキュリティ」ソフト